第37回創展

会長賞

天児 淑子

「いのち」

 象徴的な配色の色面から主題が明確に伝わってくる。新しいいのちに優しくそっと手を差しのべる母親の愛情を観者は静かに感じ取ったであろう。日本画ならではの素材感もある。(篠原)