第38回 日展

特選(書)

舟尾 圭碩

「心 象」

 極端な文字の大小を用いながらも、破綻なくイメージの構築がなされている。

相対する行の響き、余白を伴った行群としての立体感を感じさせながら正に交響楽的な奥行きのある世界を創り上げている。  (松)