改組新第5回日展

 

舟尾 圭碩

「飄 逸」

 

 至って自然な落筆から始まる行の流れは一定のリズムを保ち、進行する。そして終盤に転調、最後は静かにさりげなく鋒が遠のく。これを作者は、「打楽器の重厚な響き」と「弦楽器が奏でる繊細な音色」と言い得ている。(篠原)