第44回日展

舟尾 圭碩

「春 霞」

 

 流線状の行構成に墨がよくのっている。だから紙面は爽やかに。作題の意匠があるのだ。前半、中盤、後半をそれぞれ四行に行立てし、中盤の勢力を強めて立体の効果もねらう。制作動機の確たる証左である。(篠原)