第37回日展

書道

法元 康州

「古今和歌集 夏歌より」

 

 単字の放ち書きの自在な変化を得意としているが、今回は古今和歌集三首の並列様式とした。

横振幅の前半から後半は縦振幅に変化させ、広がりと求心力の対比構成とした。

明るくすがしい作品である