第38回日展

 

法元 康州

「良寛のうた」

 この作家の字形の捌きは実に多彩で、大胆な省略文字による渋い表現も魅力であるが、今回は良寛を材としてじっくりと歌のリズムに合わせて筆を運んでいる。

変化に富んだ用筆の機微が魅力である。