第39回日展 書道

 

法元 康州

「古今集より」

 内田鶴雲に師事し、高木聖鶴主宰の朝陽最高幹部としてあるが、野趣的風雅ともいえる独自の風を築いている。

呼吸の流れに沿った潤渇の書線のリズムが心地良く響き、墨味のうるおいに溶け込んでいる。