第40回日展 書道

 

法元 康州

「良寛のうた」

 作品として発表する以上は観者の存在がある。作家自身が作品に感動しなければ、観者の心を動かすことはできない。法元康州の持論である。今作、法元仮名の極みのようにも思える。生きた筆勢の具現がある。