改組新第4回日展

 

森川 星葉

「御佛の心」

 

 刷毛染めの紙であろうか。独自の深い紙色に作者特有のかな表現が乗る。奇を衒わず、思いの向くがままの運筆が実に素朴なるものへとつながる。「創る」よりも「生まれる」ことの重要を知らされる作品と言いたい。(篠原)