全展第37回彩曜展

 

長岡 美和子

「ある日の夕暮」

 自宅ベランダから見た夕焼けがあまりにも美しく、見惚れたと言う。それは即、日本画の主題になった。作者の目に焼き付いた赤が心象的に描きだされ、消え入りそうな三日月がそっと添えられた静寂の画面だ。(篠原)