第56回全展

 

長岡 美和子

「立ち止まる」

 隣の店からの買い物帰り、夕焼け空に感動して思わず見入ったと聞く。そのイメージを表現したいという気持ちが昇竜を生んだ。青白い波が重なるような雲、彼方の茜色との対比が心地よく、略された大地に響く。(松)