第57回全展

 

長岡 美和子

「富士山と対峙」

 本栖湖からの富士を正面で捉えた。富士五湖の中でも一番深く、透明度の高い湖面を手前に、作者の力強いタッチが山頂まで続く。その勢いに目を奪われがちだが、山の傾斜角度など緻密なスケッチが根底にある。(篠原)