国際芸術交流展 神戸 2009

ヨーロッパ芸術文化振興センター賞

長岡 美和子

「墨象『錬』」

 全く読めない作品が多い墨象系のなかでも、文字性を残して文字の意味をイメージする、そうした創作理念で一貫している。錬とはねり鍛える意。渇筆に一本芯が通って揺さぶられても崩れない強さがある。(松)