国際芸術交流展 神戸 2010

長岡 美和子

「墨象(最)」

 

 叩きつけた線の渇潤を包括した「日」と、破筆の筆鋒をそのまま戻しながら最後まで引いた渇線部が、見事なせめぎ合いを演じながら全体に動勢を与えており、空間的な広がりもある。こうなると落款が難しい。