第36回日展

書道


 

松下 芝堂

「七言二句」

 

 

 「飛花不盡隨風起 野水無邊帯雨流」と流れるような自然体で筆が運ばれている。

日展で翠軒流を今に伝える稀少な作家となったが、筆意も自然体でもはや芝堂氏自身のリズムになり切っているといえよう。