第38回日展

 

松下 芝堂

「五言句」

 

 正に「無心風来吹」の言葉通り心を無にして作品に取り組んだという。

体感的なリズムと美的センスがふっと結合して空間余白の深い無意識の中の必然の書が生まれた。

意図した構成ではこうはならないだろう。