第40回日展 書道

 

松下 芝堂

「一如」

 作品は、多くの同調により、心身のコンディションを整え、より高められた精神の集中力から生まれる、と言う。今作、作家の作書論の具現化とも言える。画数の少ない二字が飛沫をも抱き込んで一体となる。