第35回 日展

 書道 

 

 

 

成瀬 映山  「李白詩」

 

 

 李白の五言律詩を金文の独特な形象イメージのリズムを用いて友人と酒宴を楽しむ詩意をのせた。

点画を四分の一の縮尺にして紙上試行を繰り返したと聞くが西川、青山系の古代文展開の手法が生きている