第36回日展

書道


 成瀬 映山

定 庵 詩」

 古代文字の霊気・神秘感を詠んだ清朝の天才詩人、 定庵の己亥雜詩を材にとって七言絶句を金文で追記以下を行草で構成展開した。

一見柔和な線のようだが、離れても明瞭である。

書線な切れがある所以である。