第37回 日展

 書道 

 

成瀬 映山

「杜牧詩」

 

 筆鋒を吊上げて書く難易度の高い特有の手法を手の内に納めてしまった安定感がある。

杜牧の詩の韻律に呼応するかのような優美な響きを、やや淡墨の機微ある線にのせた。。視点の通りが心地よい。