第40回日展 書道

日展会員賞

土橋  靖子

「良寛春秋」

 日展会員賞受賞作。賞に値する名作と呼びたいのは筆者だけであろうか。「この園の・・・」落筆前の気のありようまで読み取ることができる。展開部の用筆は作家自身が言う″ドラマを書ききる″に相応しい。