第42回日展

土橋  靖子

「わだつみ」

 

 静かな書きだしに始まって、徐々に物語が展開するさま。中央部「潮騒」の効果が抜群である。澱みのない起承転結は、字間、行間の美しさに支えられ、一紙を完結させている。筆力充実、まさに旺盛な季である。