第43回日展

 

土橋  靖子

「山吹の花」

 

 八尺横の仮名でこれだけの品格を保てる作家はそういない。落ち着いた墨色で余裕の行構成、しかも散らしの工夫で空間が冴え渡っている。筆法も機敏であるため、渇筆線の響きが高らかに伝わってくる。