第44回日展

 

土橋  靖子

「冬ごもり」

 

 額一杯に大扇面を浮かした表装とオーソドックスな構成がよく合う。万葉長歌の素材を自然な流れの大字仮名に融合させた。無理のない字間、行間、連綿の中に線の機微は際立ち、上品の域は更に広まる。(篠原)