第45回日展

 

土橋  靖子

「蕎麦の花」

 

 ダイナミックな構成の中に作者の気品溢れる線条がたなびく。そこには素材の文学を重んじ、対等の書表現を可能にした跡がある。古筆はもとより漢字古典の骨格をも取り入れ、生動感の横溢にも長けている。(篠原)