改組新第1回日

 

土橋  靖子

「神奈備山」

 

 茶系の墨色変化が随所に見られ、立体感の表出につながっている。万葉長歌一首が悠然と横たわるのも、そこに起因すること大であろう。一方では巧みな構成要因もある。特に終盤部のさりげなさは余韻を残す。(篠原)