改組新第2回日展

 

土橋  靖子

「鈴 虫」

 

 薄茶系の紙に紫紺の墨。穏やかな線条ながら筆鋒の食い込みは鋭く、細部の細線にまでかなりの意が払われている。「刻意を超えて、心手相応ずる書を」と言う。それは高度な技を持った作者だからこその言葉だ。(篠原)