第36回日展

書道
 

 

土橋 靖子

「万葉の歌」

 

 

 「白鳥の鷺坂山の松かげに」と「このころの暁露に」の二首を前、後のかたまりとして構成し、大空に漂う雲のような立体空間を構築せしめた。

紙にしみいるような落筆部の情感、各行の静かな響きが魅力だ。