第38回日展

土橋 靖子

「越の国」

 ソフトランディングするかのような落筆部から徐々に情感を込めて展開部で盛上げ、ふっと抜いた余白で余韻を受け、終章部をドラマティックに締めた。

衒い無くそれが実に自然体であり、凄さが感じられる