第37回日展

 

杉岡 華邨

「流れる雲」

 

 「雲二も」と横に繋いだ構成で右下部に大きく空間余白を演出した流れが実に新鮮で、また穏やかな淡墨が沁みて歌の響きをより深く絵画的な域へと導いている。

歌意を作品へと繋げる気韻が感じられる