第38回日展

 

杉岡 華邨

「あをやぎ」

 

 2ヶ所の潤墨部を骨格として渇筆、細線、散らしでバランスを取りながら輝く余白を構築した作品であるが、それらの線は遥か右下で一点に収斂されている。

若柳の芽吹く風景を感じさせる作品となった。