第39回日展 書道

 

杉岡 華邨

「浜の月」

 

 家持が越中に赴任中の歌を選文し、その時代背景を考察して穏やかで解放感のある構成としたと聞くが、潤渇の行間対比と継墨の視点ポイントが絶妙な終行部の空間に映えて豊かな詩情性を持たせている。