第41回日展

 

杉岡 華邨

「山里の梅」

 

 良寛の歌を良寛の視線で表現しようとする芸域の高さは、当代最高峰の作家の証でもあろう。簡潔な紙面構成の上に、渇筆の素直さが作品を大きく見せる。歌の音調を書線の響きに乗せんとする深奥の具現化。