第42回日展

 

杉岡 華邨

「宇治川の浪」

 

 老練の気魄が訥々とした線からにじみ出ている。余白の緊迫感、厳しくかつ涼しげに響いてくる。重厚であり、気宇壮大である。仮名美もここまでくれば、それこそ「観る人の心に念じるばかり」である。