第28回読売書法展

最高顧問

杉岡 華邨

「ほとけを想ふ
(会津八一〈自註鹿鳴集〉より)」

 

 会津八一「自註鹿鳴集」より撰文した作品。八一の詩作時の気持ちに想いを馳せながら、太い筆線でぐいぐいと突入れた気骨、情感が伝わってくる。正に白寿を迎えんとする卒意の書である。