第43回日展

 

杉岡 華邨

「妹思ふ」

 

 萬葉集柿本人麻呂の歌を青墨の太い線で一気に書いている。前半のリズミカルな音調を華邨の熟練の技を蔵した線が奏で、後半の「妹思ふ別れ」の節には感情移入を読み取ることができる。書壇の重鎮健在である。