第35回 日展

 書道 

 

 

杉岡 華邨  「天の香具山」

 

 萬葉集巻第七雑歌、山を詠める七首より材をとったが、左半分に散らした渇筆部がまるで遠望する天の香具山の風景のようなイメージとなっている。

右部の変化に富んだ文字群との響きも心地よい