第38回日展

桑田 三舟

「韻 白」

 夕爾の句の水の音と比庵の秋風の風鈴の音、二つの音の余韻をイメージした作品構成である。

行下を合わせ、上部の変化で魅せるが、響く空気の違いを余白構築によって一紙に定着させた。

流れの変化が斬新である