第39回日展 書道

桑田 三舟

「艶 白」

 かなは余白の美が命と言い切るように、知白、静白、斜白、動白、韻白と追求してきているが、今回は「艶白」。

行底を揃えて林立する粗密の立体空間を演出し、緩やかに流れる風を導いた。その風を「艶白」と呼ぼう。