第36回日展

書道

 

 

桑田 三舟

「静白」

 

 かな書の新しい余白のありようを試行した作品で、散らしをふんだんに使い行間に余白対比を創りだした。

縦の思いきった線と細かな横振幅の調和も試みられており、今までにない雰囲気を醸し出している。