第41回日展 書道


三岡 天邑

「白楽天詩」

 五言律詩「詠」四十字。「詩の内容を意識し、閑適な情景を運筆にまかせ」た行草三行は、潤渇を伴いながら終始動いて息が切れない。特に中心行は左右の余白に緊迫感を持たらせて、厳しく峻立している。