第43回日展


三岡 天邑


「高青邱詩」

 

 終始動いて完結させた作。これだけ筆の軌跡が前面に出てくると騒がしさばかりが目に付くものだが、決してそうではない。それは細線の力の存在があるからだろう。つまり鋒先に筆意が通じているのである。