第44回日展


三岡 天邑


「王維詩」

 

 行が一直線に立つ姿は爽快だ。行間の美しさというより、行自体の峻立の美。そして線も直線を主に、できるだけ素直に引いて前者を助けている。中央部竹字の鋒が開いた終画が目立つのはそのためだ。(篠原)