第45回日展


三岡 天邑


「蘇東坡詩」

 

 六尺大画仙横に八行の行草。相当の書きこみを思わせる線の姿だ。行草多字になればなるほどいかに我を没して鋒の行くがままに身を投じられるか。その結果、必然の線条を生み出す。行間の冴えにもつながる。(篠原)