改組新第1回日展


三岡 天邑


「高青邱詩」

 

 強靱な線が舞い降るように書かれた三行。全身全霊の気概を感じる。書はそのときどきの体調や心の持ちようで変わってくるもの。こういう作から溢れ出ている作者の気根はそのまま観者の胸の内に収まる。(篠原)