第29回読売書法展

常任理事

辻元 邑園

「忘れたり…」

 

 竹久夢二の詩。情と芸術の狭間で生きた夢二ならではの言葉がそのまま詩となる。思いの響きに触れた書家により、書空間に言葉は内包された。(松)