第44回日展

 

辻元 邑園

「仁明天皇詩」

 

 三行書きの典型のような作品。つまり中央行を最大の見せ場にするため、左右の行を抑制。主役にはさまざまな要素が投入される。潤渇、太細、開閉、広狭など。書は背反の美学。それを多字数作に込めている。(篠原)