第45回日展

 

辻元 邑園

「王維詩」

 

 日展では縦三行書き行草がずっと続いたが、今回は八尺横展開に。墨のにじみを生かしながらも、鋒を吊り上げた細線を多用する。特に後半はいろいろな動きが絡まり、そのまま落款部へ。視点移動がスムーズだ。(篠原)