改組新第2回日展

 

辻元 邑園

「正岡子規詩」

 

 長画を多用して横に展開させる構成力。乾いた独特の線条もこの作者の魅力の一つだ。行脚の位置を微妙にずらしたことで、全体の動勢にゆとりをもたらせている。そしてそれが子規漢詩の風情につながった。(篠原)