改組新第3回日展

 

辻元 邑園

「浦上玉堂詩」

 

 日展にはここしばらく八尺横ものが続く。今作、墨のにじみが全般にわたって効果を出す。厳しい線性もそれによって和らぎが加わり、穏やかな間も生まれている。終盤二行の書きぶりには感情移入を見る。(篠原)